世界感にはまる!魔法ファンタジー【とんがり帽子のアトリエ】のあらすじとここがおもしろい!~comic~

世界感にはまる!魔法ファンタジー【とんがり帽子のアトリエ】のあらすじとここがおもしろい!~comic~

魔法ファンタジー【とんがり帽子のアトリエ】~comic~

今回は今年のマンガ大賞にノミネートされ徐々に知名度、人気が上昇してきています、とんがり帽子のアトリエというマンガです!このマンガのストーリーや魅力をご紹介します。

(スポンサーリンク)


 

【とんがり帽子のアトリエ】とは?

とんがり帽子のアトリエとは月刊モーニング・ツーに連載中の魔法使いを題材にしたマンガで現時点で第2巻まで発売しております。※2018年2月23日に第3巻発売予定。

このマンガまだ始まったばかりなのになぜすでに注目を集めているかと言いますと、毎年恒例の『マンガ大賞2018』にノミネートされ、毎年出版されている『このマンガがすごい』にもランクインしたことにより一気に注目度が高まったのです。しかもまだ2巻しか出ていないのにです。

 

【とんがり帽子のアトリエ】のあらすじ

このお話の世界では人々の生活に魔法は切っても切り離せないものとして利用されています。しかし、魔法が使える者は生まれた時から魔法使いである者だけ。

そんな魔法に魅了され魔法に対し大きな憧れを抱く少女ココがこのマンガの主人公です。

ココは片田舎にある仕立て屋でお母さんのお手伝いをしています。ココは小さい頃から魔法に憧れていましたが、ココには魔法の才能がありませんでした。

そんなある日、仕立て屋のお客さんとして魔法使いキーフリーが現れます。キーフリーが壊れた馬車を直すために魔法を使おうとするので、ココは見たがりますが魔法を使うところは”見る事”も”見せる事”もこの世界では禁じられているのです。しかし、ココは魔法への憧れと好奇心を抑えきれず見てしまいます。

そこで知った秘密、魔法は陣を描くことで使える。つまり『魔法は誰にでも使える』ということ。

ココはそのことがきっかけで幼い頃のお祭りで、仮面の者から『ペンと本』をもらったことを思い出します。そう、そのペンは魔法陣を描くペンで本には魔法陣が載っていたのです。

ココは本の中の魔法陣を描いてみることしました。しかし、魔法は暴走し、大好きなお母さんをなんと氷づけにしてしまったのです。。。これは禁忌魔法だったのです。

ここから唯一の頼りであるキーフリーに弟子入りし、母を救うため魔法使いとなり、魔法にまつわる秘密や闇と向き合って行くのです。。。!

(スポンサーリンク)


 

【とんがり帽子のアトリエ】のここがすごい!

とんがり帽子のアトリエのストーリーのあらすじを書きましたが、皆さんが思った通りストーリーは『王道中の王道』です。悪く言ってしまうとベタといいますか、、、

なのになぜ人々を魅了するのか、それはなんと言っても『圧倒的な世界観』です。

作画のタッチや背景の描き込みなどこの魔法ファンタジーの世界観にとてもマッチしているのです。そして魔法の仕組みや世界の設計がしっかり作り込まれているのでこの王道のストーリを強烈に演出するのです!

またtwitterでも話題なりましたが、コマ割りにも小さなトリックや構造があります。このマンガを読むと一番最初にハリーポッターの映画を見たときの感動を思い出しました。

このマンガはただ先が気になり読み進めてしまうといったものではなく、魔法ファンタジーの”体験”をさせてしまう世界観の力が大きな魅力であるように思えます!

【まとめ】

ここまでとんがり帽子のアトリエの紹介をさせて頂きましたが、良い意味でマンガっぽくないマンガだと思います。「私はマンガは読まない」という方もこの作品であれば、楽しめると思いますよ!

まだ2巻までしか発売されていませんので今後どのような展開していくのかとても楽しみな作品の一つです!

ということで今回ご紹介させて頂いた【とんがり帽子のアトリエ】のSRENDポイント(流行期待度・おすすめ度)は

82!!

以上!! 最後まで読んで頂きありがとうございました!!

(スポンサーリンク)