アカデミー賞作品賞ノミネート作品!映画【君の名前で僕を呼んで】のネタバレ無しのあらすじと考察まで~movie~

アカデミー賞作品賞ノミネート作品!映画【君の名前で僕を呼んで】のネタバレ無しのあらすじと考察まで~movie~

アカデミー賞受賞なるか!?【君の名前で僕を呼んで】~movie~

2018年3月5日(日本時間)に控える第90回アカデミー賞授賞式。栄えある作品賞をものにするのはどの作品なのか!今回は『シェイプ・オブ・ウォーター』『ダンケルク』に続き、ノミネート作品の中からでは3作品目となる【君の名前で僕を呼んで】をご紹介!

(スポンサーリンク)


君の名前で僕を呼んでとは?

元はアンドレ・アシマンによる“Call me by your name”という小説が原作でルカ・グァダニーノ監督が指揮をとり映画化に至りました。

日本では4月27日の公開を前にアカデミー賞にノミネートされたことで徐々に注目され始めていますが、ロサンゼルス映画批評家協会賞では作品賞・監督賞・主演男優賞(ティモシー・シャラメ)と3冠を受賞しそのほか、217部門でノミネートされ、58部門で受賞を果たすなど数々の賞レースで名前を轟かせ世界各国では大注目の映画作品の一つとなっております!

君の名前で僕を呼んでのあらすじ、どんな話?

舞台は1980年代のイタリアの夏。主人公である17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は家族に連れられ北イタリアにある避暑地の別荘にやってきました。コロンビア大学の教授である父が教授アシスタント24歳の青年オリバー(アーミー・ハマー)を別荘に招きそこでエリオとオリバーは出会うのです。

クールで情熱的な自分とは違う大人のオリバーに対し、エリオも最初は心を開きませんが、一緒に自伝車で街を散策したり、一緒に泳ぎ、一緒に音楽を聴き、毎日を一緒に過ごす事で魅力的なオリバーに対する感情は友情を超え、愛が芽生えるのです。

オリバーも純粋で知性に溢れたエリオに恋の感情を抱き彼らの愛はひっそりと情熱的に育まれます。

しかし、オリバーの居候は6週間限定。オリバーとの別れが近づきます。彼らの愛はどこへ向かうのか。。。

(スポンサーリンク)


君の名前で僕を呼んでのここが面白い!ここがすごい!

先に物語のあらすじをご紹介しましたが、彼らはゲイではありません。この映画もゲイ同士の愛の苦難を謳ったものでもありません。エリオという少年がオリバーとの出会い、恋を通して青年へと成長していく様子や人を好きになるという哲学的ともいえる感情をより優しくよりピュアに描いた作品なのです。

彼ら同士がゲイではない男性同士だからこそ、下心とは無縁の相手の魅力や優しさに対する愛、そして人を愛する事の痛みや喜びをより強く濃厚に感じ取る事ができるかと思います。

また作中、北イタリアの幾つかの風景をバックに物語が展開されますが、その美しい風景と音楽が彼らのピュアな心とシンクロナイズし美しい情景をさらに引き立てています。

この映画を見終わった時にはあなたの心も空蝉となり、きれいに浄化される感覚が味わえるはずです!

 

まとめ

今回はアカデミー賞ノミネート作品の【君の名前で僕を呼んで】をご紹介しました!物語の内容、映画のシーンともにとても繊細で美しい作品であると思います。社会の軋轢と闘う疲れたみなさんの心を癒し、浄化する一本になっていると思います。皆様もこの作品で美しい感動をしてみてはいかがですか。

ということで今回ご紹介させて頂いた【君の名前で僕を呼んで】のSRENDポイント(流行期待度・おすすめ度)は

81!!

以上!! 最後まで読んで頂きありがとうございました!!

↓映画、アニメ、動画好きのあなたへ!

おすすめ動画配信サービス(定額制)のジャンル別比較表と特徴まとめ