アカデミー賞受賞なるか!映画【スリー・ビルボード】ネタバレ無しのあらすじや感想と考察~movie~

アカデミー賞受賞なるか!映画【スリー・ビルボード】ネタバレ無しのあらすじや感想と考察~movie~

アカデミー賞受賞なるか!【スリー・ビルボード】~movie~

今回も3/3(日本時間)に控えたアカデミー賞発表のノミネート作品のなかから作品賞受賞が期待される一本をご紹介します!そのタイトルは【スリー・ビルボード】!!アカデミー賞最多ノミネートは以前ご紹介しました『シェイプオブウォーター』ですが、この作品もアカデミー賞最有力候補との呼び声高い作品です。

今回はそのスリー・ビルボードのストーリーのあらすじや魅力を考察と感想を交えてご紹介致します!

(スポンサーリンク)


 

スリー・ビルボードってどんな映画!?

アメリカの片田舎に大きく赤い3枚の看板が掲げられました。スリービルボードとは直訳すると”3枚の看板”という意味になります。その看板は娘が殺人事件によって殺された母から、捜査がなかなか進まない警察への強い抗議のメッセージだったのです。

母の悲しみ、憎しみ、憤りの爆発により展開する事件とトラブル。その行き過ぎた行動の真意は。事件の真相は。。。

スリービルボードは『ヒットマンズ・レクイエム』や『セブン・サイコパス』を手がけた、マーティン・マクドナー監督が脚本をとり、製作されました。発表が待たれる2018年アカデミー賞でも6部門で7ノミネートされ、アカデミー賞受賞が期待される映画作品です。

日本では2018年2月1日に公開され、鑑賞者からは高い評価を得ています!これがアカデミー賞を受賞ともなればさらなる躍進が期待されますね!

 

スリー・ビルボードのあらすじ

舞台はアメリカミズーリ州の田舎町、その田舎道に三枚の大きな看板が立てらました。その看板の内容は「レイプされ死亡」、「犯人逮捕はまだ?」、「どうしてウィロビー署長?」。

この看板は7ヶ月前に娘がレイプ殺人されてしまった母ミルドレッド・ヘイズ(フランシス・マクドーマンド)が地元の広告社と契約を結び、立てたものでした。ミルドレッドはなかなか進展をみせない捜査に苛立、広告を通して警察に抗議したのです。

地元の人からの信頼も厚いウィロビー署長(ウディ・ハレルソン)もこの広告を目にする事となり、ミルドレッドを諭そうとしますが、彼女の警察へのヘイトは日に日にエスカレートし暴走していきます。

行き過ぎた行動は次第に地元住民からも批判を買い、とうとう息子からも「姉の死を思い出すからやめてくれ」と反対され、彼女は孤立してしまうのです。

しかし、これでは終わりませんでした。ミルドレッド、広告社、警察を巻き込み事件はさらなる衝撃の展開にむかってしまうのです。

(スポンサーリンク)


 

スリー・ビルボードの考察と感想

この映画は一度見ただけでは全てを理解できないかもしれません。なぜかというと1回目と、2回目見たときとでは感想が変わってしまうのです!つまり、角度によっていろいろな解釈をできる映画になっているかと思います。

多くの映画が主人公に感情移入しストーリーが進んでいくと思うのですが、この映画は少し違います。最初は登場人物の一人一人が極端な考えの持ち主のクズなので、主人公のミルドレッドに感情移入し見進めていくのですが、そのうちミルドレッドの行動に疑問を持ち始めることになるかと思います。

そしてクズだと思っていた登場人物の人の心が通った優しさに気づき始め、何が正しくて何が悪いのか分からなくなってくるのです。つまり、一人一人が完全な善でも悪でもなく、何が正しいのかの価値観を右往左往することになるのです。

私はこの映画を見てこれって創作のお話なので過度に演出していますが、現実世界でもそうだよなと思いました。完全な聖人なんていませんし、嫌いな人にもふといいところってあったりしますよね。でもそういう判断とかいい人か悪い人のジャッジって結局、主観の一次元的な見方で決まってしまいます。このことは人対人だけではなく、人と会社組織であったり、はたまた国と国であったり、すべてに当てはまるかと思います。敵対する相手も嫌いで終わりではなく、知ろうと思えばひょんなことから協力し合える仲になるかもしれません。。。

 

お話はジェットコースターの様に進行していき、次々と驚きの展開を迎えます。途中失速する事も無く、画面に釘付けになると思います!またテーマ自体はとても重いですが、登場人物たちの極端な行動はバイオレンスでかつ時折コミカルにも映り、笑ってしまう箇所も何カ所もありました!つまり、コメディ映画の様な側面もありますので、それほど身構えずに見る事ができると思いますよ!

 

まとめ

今回はアカデミー賞ノミネート作品の【スリー・ビルボード】をご紹介しました。3/3(日本時間)一体どの作品が栄えあるアカデミー賞を受賞するのでしょうか。楽しみですね!

ということで今回ご紹介させて頂いた【スリー・ビルボード】のSRENDポイント(流行期待度・おすすめ度)は

80!!

以上!! 最後まで読んで頂きありがとうございました!!

↓映画、アニメ、動画好きのあなたへ!

おすすめ動画配信サービス(定額制)のジャンル別比較表と特徴まとめ