最強の格闘技は何か!?笑えて熱い格闘技漫画!【喧嘩稼業(喧嘩商売)】のあらすじや登場人物、感想について~comic~

最強の格闘技は何か!?笑えて熱い格闘技漫画!【喧嘩稼業(喧嘩商売)】のあらすじや登場人物、感想について~comic~

格闘技漫画【喧嘩稼業(喧嘩商売)】~comic~

ヤングマガジンで連載中の格闘技漫画【喧嘩稼業】!前作の『喧嘩商売』が完結しその続編として現在9巻まで発売されているのですが、この漫画は最高に笑えて最高に熱い漫画なんです!

今回はそんなSRENDteam一押しの【喧嘩稼業】のあらすじやおもしろい理由をご紹介します!

(スポンサーリンク)


 

喧嘩商売の続編、喧嘩稼業とは?

『喧嘩稼業』と週刊ヤングマガジンで連載中の作者・木多康昭による漫画作品です。『喧嘩商売』はその前作で全24巻で完結し、3年以上の休載を経て『喧嘩稼業』が連載スタートしました。現在も連載中で9巻まで発売されております。

内容は主人公である高校生佐藤十兵衛の喧嘩スタイルで各ジャンルの格闘技の凄腕たちと闘っていく格闘技漫画です!またブラックジョークや下ネタ、その当時の風刺的なギャグがふんだんに取り込まれていて終始笑ってしまう内容となっております!

 

喧嘩商売→喧嘩稼業のあらすじ

東京の高校から栃木県宇都宮市の高校に転校してきた主人公・佐藤十兵衛。彼のずば抜けた喧嘩テクニックとずる賢さに長けた明晰な頭脳、また人を小馬鹿にしたふざけた行動から、数々の暴力団・ヤクザのを恨みを買ってしまう。

しかし彼は喧嘩の土俵では最強でした。

ヤクザや元プロ格闘家たちとの衝突でさえも何でもありの喧嘩では十兵衛のブラフと身体能力で次々と勝利し日々の生活を送っていました。

そんなある日いつもの暴力団の回し者の挑戦で彼は人生で初の屈辱的な敗北を経験します。名は最強の喧嘩屋『工藤優作』。十兵衛は彼との喧嘩の最後、本気で死を実感し、小便ももらし命乞いをしてしまします。

それから精神的に一度死んだ十兵衛はこのトラウマを払拭するために工藤優作との再戦を心に決めます。それから喧嘩の師である古武術富田流の『入江文学』に再度弟子入りし、暴力団や格闘家との実践で喧嘩の腕に磨きをかけていくのです。

〜ここから喧嘩稼業〜

そんな日々のなか、各格闘技のトッププロとヤクザなどの裏の世界で最強を謳われる精鋭たちが集う、最強の異種格闘技戦、陰陽トーナメントが開催される事になります。これに工藤優作が出場することを知った十兵衛はあらゆる手を使い、彼との再戦を実現すべく陰陽トーナメントへの参加を決意するのです。

(スポンサーリンク)


 

登場人物紹介

佐藤十兵衛-主人公

工藤優作との再戦のため喧嘩の腕を磨いていますが人生の8割はふざけています、笑

 

工藤優作-十兵衛のライバル

一泡ふかさせられた十兵衛に一目置いている

 

入江文学-十兵衛の師

古武術富田流の師である亡き父無一の敵を打つため陰陽トーナメントに出場する

 

田島彬-最強に最も近い男

陰陽トーナメントの主催者を務める。圧倒的格闘技センスでヘビー級ボクサー世界チャンピオンでさえもリングに沈める

 

喧嘩稼業の感想

喧嘩商売からの読者である私ですが、この漫画なにがすごいって設定や駆け引きの緻密さなんです!あらすじを読んで頂くとありがちな話と思われるかもしれませんが、この漫画はそこらへんの格闘技漫画とはレベルが違います!

喧嘩ということでルールがほぼないため、ブラフ(嘘)が非常に重要になります。その対戦者同士の駆け引きが考え込まれていてとても秀逸です。そしてなんといっても主人公である十兵衛が圧倒的にずるい(褒め言葉)です!

格闘技のルールで闘うと勝ち得ないトッププロ相手でも正々堂々とはかけ離れた駆け引きで相手を翻弄します。いかなる手を使ってでも最後に勝つという一点にこだわった点で他の格闘技漫画とは一線を画しています。

また随所に出てくるギャグがふざけすぎていて最高に面白い!今のご時世そんなこと言っていいのかと突っ込みたくなるブラックジョークや極めて下品な下ネタが満載である意味、大人の漫画かと思います。絶対に子どもにはおすすめできませんね。。。笑

 

ふざけすぎ?作者・木多康昭がおもしろい

喧嘩稼業の作者木多康昭ですが、この作者本当にふざけています。笑

喧嘩商売以前の作品は『泣くようぐいす』『幕張』があり、この作品を知っている方は分かると思いますが、ギャグがつきぬけています、笑

私もどんな変態だったらこんなギャグ思いつくんだよと思っていましたが、彼の人間性を知り納得。木多康昭といえばなんと言っても休載の常習犯です。

しかし、彼は反省はおろか長期休載すらもネタにしてしまいます。休載したときの彼のコメントがこちら。。。

「そうだ読者よ 俺だ 関でも 田島でも止められない 俺だけがあの喧嘩稼業の掲載を止められる」

休載の理由に関しては

地球の重力が重すぎたため…

とのこと。。。一番尊敬している漫画家は『HUNTER × HUNTER』の富樫先生らしいです、笑

漫画が面白いから悔しいけど叩けないのです!

 

まとめ

今回は格闘漫画【喧嘩稼業(喧嘩商売)】をご紹介させて頂きました。

作中のギャグと作者はふざけっぱなしですが、内容はガチです!みなさんも騙されたと思って読んで頂けたら嬉しいです!

ということで今回ご紹介させて頂いた漫画【喧嘩稼業(喧嘩商売)】のSRENDポイント(流行期待度・おすすめ度)は

84!!

以上!! 最後まで読んで頂きありがとうございました!!

(スポンサーリンク)